動画配信サービス

【神コスパ】Amazon prime Videoの魅力と使用感

皆さん、お疲れ様です。

いつもブログお読みいただき、ありがとうございます。

動画配信サイトを紹介する上で、欠かせないのがAmazon prime video(アマゾンプライムビデオ)です。

Amazonは、物を売っているだけではなく、10年以上も前から動画配信サービスをスタートさせているんですよ。

今回はAmazon prime videoの魅力や使用感を紹介していきます。

  • Amazon prime videoの特徴
  • Amazon prime videoのコンテンツ
  • Amazon prime videoのメリット
  • Amazon prime videoのデメリット

Amazon Prime videoについて

アマゾンプライムについて

Amazon prime video(アマゾンプライムビデオ)はAmazonが運営している動画配信サイトです。

日本では2007年に日本でスタートして現在では全世界で1億5千万人以上の会員数を誇ります。

日本の全人口と同じくらいの会員数です(笑)

また、Amazonが映像制作しているAmazon Studiosの作品も見られます。

Amazon prime videoのコンテンツ

アマゾンプライムビデオのコンテンツ

Amazon prime video対象作品は左上にprimeと記載されているアイコンです。

  • 映画
  • TV番組
  • Amazonオリジナル
  • ダウンロード可能
  • レンタル

映画

アマゾンプライムビデオ映画

アクション

  • DEATH WISH
  • ワイルド・ストーム
  • いぬやしき
  • 踊る大捜査線 などなど

日本映画

  • 蛇にピアス
  • あやしい彼女
  • 空飛ぶタイヤ
  • 本能寺ホテル などなど

キッズ向け映画

  • すみっこぐらし
  • クレヨンしんちゃん
  • ペット2
  • トロールズ などなど

アニメ映画

  • 幼女戦記
  • アングリーバード
  • ドラゴンボール
  • ガンダム などなど

その他のジャンル

  • 吹替版映画
  • 字幕版映画
  • 星4以上
  • 年代別の映画(1960年~) などなど

TV番組

アマゾンプライムTV番組

日本ドラマ

  • サ道
  • 孤独のグルメ
  • まだ結婚できない男
  • 中学聖日記 などなど

韓国ドラマ

  • オクニョ運命の人
  • この恋は初めてだから
  • キム秘書はいったい、なぜ?
  • 天使の罠 などなど

アニメTV

  • こねこのチー
  • 僕のヒーローアカデミア
  • 鬼滅の刃
  • ハイキュー! などなど

キッズ向け

  • ポケットモンスター
  • はなかっぱ
  • 名探偵コナン
  • ドラえもん などなど

その他ジャンル

  • 星4つ以上
  • アニメTV新着順
  • HISTORY 人気番組
  • 吹替版TV番組 などなど

Amazon オリジナル

アマゾンプライム オリジナル

バラエティだけでなく、ドラマやキッズ向けの作品もあります。

バラエティ

  • 誰かが見ている
  • 戦闘車
  • 有吉弘行の脱・ぬるま湯大作戦
  • HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル などなど

国内ドラマ

  • 湘南純愛組!
  • 東京女子図鑑
  • ファイナルライフ
  • しろときいと などなど

海外制作オリジナル

  • THE BOYS
  • ジャックライアン
  • LORE
  • UPLOAD などなど

海外映画

  • ザ・レポート
  • 7500
  • イントゥ・ザ・スカイ
  • エルヴィス&ニクソン などなど

スポーツ

  • オール・オア・ナッシング シリーズ
  • ディス・イズ・フットボールシリーズ
  • ル・マン
  • グランプリ・ドライバーシリーズ などなど

キッズ向け

  • もしもネズミにクッキーをあげるとすると
  • ウィッシュンプーフ!
  • カンフーパンダ
  • ねこのピート などなど

Amazon prime videoの特徴

アマゾンプライムの特徴
  1. 見放題作品は1万作品以上
  2. 通常版(税込):月額500円か年額4,900円
  3. Prime Student(税込):月額250円か年額2450円
  4. 対象の映画・ドラマ・アニメが見放題
  5. Amazonの商品の送料無料+お急ぎ便無料
  6. Prime Musicの200曲以上が聴き放題
  7. Prime Readingで対象の本・マンガ・雑誌が読み放題
  8. 画質はSD(標準)/HD(高画質)/4K
  9. 30日の無料お試し期間
  10. 「ウォッチパーティー」機能でチャットしながら見れる

Amazon Prime Videoは、動画だけでなく、音楽、本やマンガ、雑誌なども見られるだけでなく、Amazonで購入した物の配送料が無料になるというハイコンテンツになっています。

②通常版(税込):月額500円か年額4,900円

アマゾンプライムは月額500円か年額4,900円の2つから支払うことができますが、年額4,900円がお得です。

年額を月額に換算すると408円となり、年額で払ったほうが断然良いです。

③Prime Student(税込):月額250円か年額2450円

Prime Student登録条件

Amazon Prime Video公式HP(ヘルプ&カスタマーサービス)

Prime Studentとは、学割プランのことです。

登録条件は、Amazonアカウントとクレジットカードを持っている日本の学生(高専以上)になります

Prime Studentの特徴は、とてつもなくお得で以下の通りです。

  1. 月額・年会費が通常の半額
  2. 6か月の無料期間
  3. 本を購入すると最大10%還元
  4. 文房具・ノートが20%引き
  5. 日用品・サプリが15%引き
  6. 対象の映画・ドラマ・アニメが見放題
  7. Amazonの商品の送料無料+お急ぎ便無料

⑩「ウォッチパーティー」機能でチャットしながら見れる

パソコンのブラウザだけですが、各作品の詳細ページ横の「ウォッチパーティー」のアイコンからチャットができます。

最大でプライム会員100人まで参加可能です。

Amazon prime videoのメリット

アマゾンプライムのメリット
  1. 最強コスパ
  2. 無料お試し期間30日
  3. 同時再生できる端末が3台
  4. 見放題作品が2台までダウンロードができる
  5. オリジナル作品が面白い
  6. ユーザーレビューが見れる

①最強コスパ

400円程度の低コストにもかかわらず、本・マンガ・雑誌・動画が全て楽しめるのは、Amazon Prime Videoしかありません。

他の動画配信サイトで本・マンガ・雑誌・動画が全て楽しめるのは、U-NEXTだけ(税込み:1,189円)です。

③同時再生できる端末が3台

高コスパなうえに他の端末で3台まで視聴することができます。

Amazon prime Videoは以下のデバイスで視聴可能です。

  • TV
  • PC
  • スマートフォン
  • タブレット
  • ゲーム機
  • メディアストリーミング端末
  • スマートテレビ
  • ブルーレイプレーヤー

⑤オリジナル作品が面白い

Amazon prime videoは、他の動画配信サイトと同じように、独自のオリジナル作品があります。

CMでも有名な「誰かが見ている」「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」が配信されているので見逃せないコンテンツです。

 

⑥ユーザーレビューが見れる

作品を見る時に気になるのが、見どころや評価ですよね。

アイコンにAmazon特有の星評価がありますが、星だけでは詳細な評価が分からないので、すごく参考になります。

Amazon prime videoはユーザーの投稿したレビュー全て見れます

Amazon prime videoのデメリット

アマゾンプライムのデメリット
  1. 対象作品の入れ替わりが激しい
  2. 動画の見放題は少なめ
  3. 字幕・吹き替えの切替ができない
  4. アプリからはレンタル作品を購入できない

①対象作品の入れ替わりが激しい

残念ながら無料対象の動画には視聴期限があります。

確認方法は、アイコンをクリックするか、上のメニューバーのカテゴリーから「もうすぐ配信終了」を選ぶかの、どちらかです。

気に入った動画は、ウォッチリストに登録して後で視聴することができますが、気付いたら終わっているなんてこともあります。

②動画の見放題は少なめ

無料で視聴できる動画の作品数は1万本未満くらいですが、他の動画配信サイトより少し見劣りします。

それはAmazon primeが動画だけでなく、本や音楽、漫画のコンテンツを充実させているため、動画に特化されていないためです。

U-NEXTは90,000本、Huluは50,000本くらいなので動画をガッツリ見たい方には、向いていないかもしれません。

Amazon prime videoはコスパ最強

アマゾンプライムHP

Amazon prime video公式HP

Android版iPhone版

動画の配信量が他の動画は配信サービスよりも少なく、操作性にクセはあるもののコスパを考えると十分だと思いませんか?

年額にすれば、400円程度で本・マンガ・雑誌・動画が全て楽しめるのは、Amazon Prime Videoだけです。

さらに、3端末まで視聴できるのでファミリー層にもオススメできます。

ただでさえ料金が安いのに、無料お試し期間が30日ついているので、非常に良心的ですよ。

この機会に、無料お試しから使って見てはいかがでしょうか。